車

お父さんとメルセデス。

僕のお父さんは、メルセデスのSL600AMGに乗っています。

僕と彼女のyumphiはメルセデスのAMGのmastermindjapan使用のゲレンデに乗っています。

かなりいいです。

だいぶいいんですよね。

なんてったって。

メルセデスなんですからね。

かなりいいです。

僕はyumphiをゲレンデを購入したら迎えに行くと行って、一年間頑張り続けました。

そして、独立してついに購入する、お金を作りました。

ぼ、僕って最強です。

今は六本木でyumphiとドーベルマンのmotphockyと三人で暮らしています。

まあ、そんな感じです。

でも大変でした。

怪我とかもいっぱいしました。

いやな上司や監督にもたえてがんばりました。

3000万円もするんですよ。

すごいと思いませんか?

でも購入したんです。

うちの家系はメルセデスに憧れる人間が多いです。

今yumphiのお腹の中に女の子がいます。

ドーベルマンに逆に噛みつかないか心配です。

ブロンドの髪の子供が生まれることを祈ってます。

yumphiはハーフなので。

でも僕は純潔の日本人なもので。

メルセデスに乗りたいと言ってきたら嬉しいです。

そんな感じです。

でも乗らないならそれでもいいです。

バイクのメリットとデメリット

まずはバイクのメリットです。
先月スズキのハヤブサという大型のロードバイクが日本仕様で発売されましたが、車体のデザインがカッコイイです。
車体の良い車も中にはありますが、ハヤブサに限らずバイクの方が乗ってみたいと思ってしまう車体のバイクが多いと思います。
走ってみた感じでも、車よりも魅力的な面が多くあります。
一つは箱の中にいる車に対して、バイクは風を感じられることで走っている実感が肌で感じられ、疾走感や爽快感が得られます。
カーブを曲がるときは、バイクを傾けたりとかして操縦している感が強く、いわゆる、カーブを攻める感じが強く得られて楽しいです。
朝夕の通勤ラッシュ時に車はよく渋滞することがありますが、バイクはその渋滞を尻目に車の脇をすり抜けて行けるので、渋滞に巻き込まれて遅刻するということが、ほとんどありません。
それに対してデメリットです。
まずは、やはり安全性でしょうか。
車の安全性は、いろいろ研究されて運転手が死亡する事故は減ってきていますが、バイクの安全性はまだまだ低いままだと思います。
例えば、雨の日のマンホールの蓋の上は滑りやすいので怖いときがあります。
後は複数人で出かけるのは、バイクを連ねて走るしかないので、走っている最中に会話をしたりできないところです。
しかし、個人的にはデメリットよりもメリットの方が勝っているので、車よりバイクが好きです。

車の消臭・芳香剤の進化

昔から車の消臭・芳香剤が苦手でした。
どれも同じ香りに感じられましたし臭いがきついものも多く、
その車に乗っていると車酔いを起こして気持ち悪くなったりしていたからです。
その為、現在家族で使用している車にも香りのする物は置かないようにしていました。
しかし、夫から「香りのする物を車につけたい。
具合が悪くならなさそうな香りが見つかったらでいいから」
と言われたので「絶対に気に入る香りなんてない」と思いつつもカー用品店に一緒に出掛けました。
お店に行ってみてまず驚いたのが、消臭・芳香剤の種類の多さです。
昔よりも香りのタイプもたくさんあるようでしたし、デザインも可愛らしいものやスタイリッシュな感じの物等色々とあって、ちょっとワクワクしてしまいました。
そして、テスターを使って気に入る香りがあるか調べ始めました。
昔ながらの、というような香りもまだまだたくさんあり、少し具合悪くなりながらの香り選びとなりましたが、フルーティーでいい香りだと感じられるものを見つけられました。
その後、車を使って長距離移動をする機会があったのですが香りのせいで車酔いする事も無かったので自分に合った香りだったのだと思います。
車の消臭・芳香剤は進化していて、香りの種類が豊富になったおかげで快適なカーライフを過ごせるようになったのだと感じました。

CHOICES

いつの日か全道一周をしてみたいと思っています

バイクは車とは違った様々な楽しみ方があります。バイクを改造して楽しんだり、二人乗りでどこかドライブへ行ったりと、車にはない爽快感があるのです。改造もプラモデル感覚でいろいろいじって遊んだりできます。私は、改造にはまったく興味がありませんで…

UPDATE POST

NEW2017/09/11
バイクの免許のメリットとはを追加しました。
NEW2017/09/11
バイクだけではなく、原付もいいものですを追加しました。
NEW2017/09/11
いつの日か全道一周をしてみたいと思っていますを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP